Category : Worldwide

風邪のはずが・・・なぜこんなことに・・・

この世で自分の子供を失うということほど辛いことはありません。どれだけ頑固な人でも、人生を楽しむ余裕のない人の姿には心を動かされるものなのです。たいていの場合、友人や家族の支えがあってこそ、前に進むことができる。ほとんどの場合、親は前に進もうとするが、それは間違いなく困難な作業である。しかし、今日の話には例外がある。意外なことに、それをアシストしたのは亡き娘さんだったのです。 テイラー・スミスという名の少女 主人公の名前は、テイラー・スミス。テネシー州のジョンソンシティで家族と暮らしていたテイラーは、素晴らしい少女だった。彼女はいつも何かを企んでいる好奇心旺盛なお嬢さんで、豊かな想像力とエネルギーを持っていました。二人の両親と、彼女が可愛がっていた弟。両親は、彼女の創意工夫と限りない楽観主義に驚かされた。彼女はもう一度、その独創性を発揮することになる。 スミス夫妻 すべてがうまくいっているように見えた。しかし、残念ながらそうはいかなかった。二人とも思春期を迎えていたにもかかわらず、二人の子どもたちは仲良く暮らしていた。両親は安定した職を持ち、子供たちにたくさんの愛情を注いでいた。 インフルエンザにかかる 彼女が体調を崩すのは初めてではなかったし、両親も平然としていた。しかし、両親の判断は「念のため病院へ」というものだった。そして、そのとおりにしたのです。テイラーは、少し体調を崩し始めていた。最初はインフルエンザの症状が出ていたのですが、軽いものでした。頭痛と37.5度の熱がありました。 万全を期すために テイラーの両親であるエレンとティムは、この知らせを聞いてほっとした。彼らは深刻な状況ではないことを見抜いたが、決して油断はできない。病院に連れて行ったところ、医師はいくつかの検査を行った後、家族と同じ結論に達しました。ただの風邪だったのです。簡単な薬を処方してもらいましたが、インフルエンザが治るのを待つのが精一杯でした。それは、彼らが想像していた以上に正確なものだったのです。 快方に向かう 薬も効いているようだし、もうすぐ好きなことも平気でできるようになるだろう。ところが、事態は一転したのでした。1日後、テイラーはすでに快方に向かい始めていた。熱は下がり、体調も良くなり、元気さえ取り戻していた。 何かが間違っていた ご両親も心配になり、すぐに病院に連れて行くことにした。このままでは合併症を起こすかもしれないと心配したのだ。テイラーの症状は悪化し始めた。熱は危険なほど高くなり、大量の咳が出るようになった。ただのインフルエンザではないことが明らかになりつつあった。残念なことに、それは正しかったのです。 ERに運ばれる テイラーは、インフルエンザの影響で肺炎を発症していたことが判明した。1月5日、彼女はこの世を去った。病院に着くと、彼女は救急外来に運ばれた。医師は、彼女の状況は危機的であり、彼女を支援するために可能な限りのことを行うと告げた。しかし、残念ながら、感染症は彼女の症状と何時間も戦った末に、この戦いに勝利した。 家族も動揺した 彼らは彼女が生きていることを知っていたので、これが本当の次元であるはずがないのです。家族は気が動転していた。数日間は、何をするにも機械的であった。まるで、別世界に飛ばされたようだった。テイラーの知らない次元に。ほんの少し前まで生きていた人が、どうして永遠にいなくなるのだ?そんなことはありえない。 逝去への対応 葬儀の後、彼らは彼女の部屋に入る勇気はなかった。どれもこれも真実です。しばらくして、彼らはそれが事実であることを理解し始めた。最愛の人、テイラーはもういないのだ。何らかの形で、この事実を受け止めなければならない。まだ、あまりにも最近の記憶であった。その結果、彼らは数日間、彼女の部屋を無視した。 テイラーの部屋 テイラーはとてもいい子だったので、自分の持ち物が少なくとも別の子供たちに喜びを与えることができると知って、満足したことだろう。そして、ついにテイラーの部屋に入る勇気を出す時が来た。数ヵ月後、テイラーの遺品を整理する時が来た。テイラーの持ち物の大半は、チャリティーに寄付することにしていた。テイラーはこの部屋で、両親を驚かせることにしました。 勇気を振り絞る テイラーはとてもいい子だったので、自分の持ち物が少なくとも別の子供たちに喜びを与えることができると知って、満足したことだろう。そして、ついにテイラーの部屋に入る勇気を出す時が来た。数ヵ月後、テイラーの遺品を整理する時が来た。テイラーの持ち物の大半は、チャリティーに寄付することにしていた。テイラーはこの部屋で、両親を驚かせることにしました。 洋服の整理 彼女の想像力は、ただの人形をスーパーヒーローに変え、ドールハウスを彼女の安住の地にしたのです。ご両親はテイラーの持ち物を調べ始め、もう使えないと判断したものは、困っている子どもたちにあげることにしました。そして、テイラーのおもちゃの番です。それらはすべてチャリティーに回されることになった。しばらくして、ほとんど何も残らなくなった。 彼女の写真…

風邪のはずが・・・なぜこんなことに・・・

この世で自分の子供を失うということほど辛いことはありません。どれだけ頑固な人でも、人生を楽しむ余裕のない人の姿には心を動かされるものなのです。たいていの場合、友人や家族の支えがあってこそ、前に進むことができる。ほとんどの場合、親は前に進もうとするが、それは間違いなく困難な作業である。しかし、今日の話には例外がある。意外なことに、それをアシストしたのは亡き娘さんだったのです。 テイラー・スミスという名の少女 主人公の名前は、テイラー・スミス。テネシー州のジョンソンシティで家族と暮らしていたテイラーは、素晴らしい少女だった。彼女はいつも何かを企んでいる好奇心旺盛なお嬢さんで、豊かな想像力とエネルギーを持っていました。二人の両親と、彼女が可愛がっていた弟。両親は、彼女の創意工夫と限りない楽観主義に驚かされた。彼女はもう一度、その独創性を発揮することになる。 スミス夫妻 すべてがうまくいっているように見えた。しかし、残念ながらそうはいかなかった。二人とも思春期を迎えていたにもかかわらず、二人の子どもたちは仲良く暮らしていた。両親は安定した職を持ち、子供たちにたくさんの愛情を注いでいた。 インフルエンザにかかる 彼女が体調を崩すのは初めてではなかったし、両親も平然としていた。しかし、両親の判断は「念のため病院へ」というものだった。そして、そのとおりにしたのです。テイラーは、少し体調を崩し始めていた。最初はインフルエンザの症状が出ていたのですが、軽いものでした。頭痛と37.5度の熱がありました。 万全を期すために テイラーの両親であるエレンとティムは、この知らせを聞いてほっとした。彼らは深刻な状況ではないことを見抜いたが、決して油断はできない。病院に連れて行ったところ、医師はいくつかの検査を行った後、家族と同じ結論に達しました。ただの風邪だったのです。簡単な薬を処方してもらいましたが、インフルエンザが治るのを待つのが精一杯でした。それは、彼らが想像していた以上に正確なものだったのです。 快方に向かう 薬も効いているようだし、もうすぐ好きなことも平気でできるようになるだろう。ところが、事態は一転したのでした。1日後、テイラーはすでに快方に向かい始めていた。熱は下がり、体調も良くなり、元気さえ取り戻していた。 何かが間違っていた ご両親も心配になり、すぐに病院に連れて行くことにした。このままでは合併症を起こすかもしれないと心配したのだ。テイラーの症状は悪化し始めた。熱は危険なほど高くなり、大量の咳が出るようになった。ただのインフルエンザではないことが明らかになりつつあった。残念なことに、それは正しかったのです。 ERに運ばれる テイラーは、インフルエンザの影響で肺炎を発症していたことが判明した。1月5日、彼女はこの世を去った。病院に着くと、彼女は救急外来に運ばれた。医師は、彼女の状況は危機的であり、彼女を支援するために可能な限りのことを行うと告げた。しかし、残念ながら、感染症は彼女の症状と何時間も戦った末に、この戦いに勝利した。 家族も動揺した 彼らは彼女が生きていることを知っていたので、これが本当の次元であるはずがないのです。家族は気が動転していた。数日間は、何をするにも機械的であった。まるで、別世界に飛ばされたようだった。テイラーの知らない次元に。ほんの少し前まで生きていた人が、どうして永遠にいなくなるのだ?そんなことはありえない。 逝去への対応 葬儀の後、彼らは彼女の部屋に入る勇気はなかった。どれもこれも真実です。しばらくして、彼らはそれが事実であることを理解し始めた。最愛の人、テイラーはもういないのだ。何らかの形で、この事実を受け止めなければならない。まだ、あまりにも最近の記憶であった。その結果、彼らは数日間、彼女の部屋を無視した。 テイラーの部屋 テイラーはとてもいい子だったので、自分の持ち物が少なくとも別の子供たちに喜びを与えることができると知って、満足したことだろう。そして、ついにテイラーの部屋に入る勇気を出す時が来た。数ヵ月後、テイラーの遺品を整理する時が来た。テイラーの持ち物の大半は、チャリティーに寄付することにしていた。テイラーはこの部屋で、両親を驚かせることにしました。 勇気を振り絞る テイラーはとてもいい子だったので、自分の持ち物が少なくとも別の子供たちに喜びを与えることができると知って、満足したことだろう。そして、ついにテイラーの部屋に入る勇気を出す時が来た。数ヵ月後、テイラーの遺品を整理する時が来た。テイラーの持ち物の大半は、チャリティーに寄付することにしていた。テイラーはこの部屋で、両親を驚かせることにしました。 洋服の整理 彼女の想像力は、ただの人形をスーパーヒーローに変え、ドールハウスを彼女の安住の地にしたのです。ご両親はテイラーの持ち物を調べ始め、もう使えないと判断したものは、困っている子どもたちにあげることにしました。そして、テイラーのおもちゃの番です。それらはすべてチャリティーに回されることになった。しばらくして、ほとんど何も残らなくなった。 彼女の写真…

こんなタトゥー見たことない!

入れ墨は一度入れると通常一生取れることはありません。その時の気分だけでもしデザインを選ぶと後で後悔することにもなるのです。でも世界には様々な考えられないデザインの入れ墨を入れる人たちがたくさんいるのです。これから入れ墨を入れようと思っている方たちにはお気を付けください。この記事では後で絶対後悔してしまいそうな変わった入れ墨の数々をご紹介します。 流れ星 この女性。いくつもの星の入れ墨を入れています。なんと入れ墨を入れている時に寝てしまい、起きたらこういう顔になってしまいました。こうなったのはアーティストの責任だと彼女は言っています。飲みに行くと、そこにいる誰もが彼女をスターだということに気づくでしょう。 マクドナルドでの注文 この人がファストフードにこれだけ愛を持っていたのはすごいことです。彼の決心は称えますが、どうしてこのような入れ墨をいれたかったのでしょか?マクドナルドの店員がグループのたくさんの注文を一気に覚えるのは大変です。このノルウェーの男性はマクドナルドのレシートの入れ墨を腕に入れました。 マリリン・モンローも驚き こんなに恐ろしく怖く見えるマリリン・モンローは初めてです。この男性は、マリリンがとても好きで、彼女の面影を体に刻みたかったのでしょう。しかし、とても残念なことに、実際入った入れ墨は彼女の面影とは程遠くなってしまいました。 鼻忍者タートルズ これがフェイスペイントで、本物の入れ墨ではないことを祈っています。若者で忍者タートルズを嫌いな人はいません。しかしそれを鼻全体に入れるのはかなりの勇気が要ります。そしてどこから見てもすぐに分かる場所に堂々とこういう入れ墨を入れるのは、年を取った時困ることも多々あるかと思います。 ホモサピエンス イエスキリストや十字架に反する入れ墨を知っていますか?このイメージは、学校の授業で誰もが一回は見たことがあるものです。そんな人間の進化論を腕に刻んでしまうなんて、科学がとても好きな人に間違いありません。彼はこの入れ墨によって、自分が猿類から来たことを忘れることはないことでしょう。 これ以上の後悔はない セリフの入れ墨を大きいサイズで腕に刻んだこの人は、子の入れ墨を入れたことが後々一番の後悔になってしまう事に違いありません。諺の要点を頭に刻むのではなく、腕に刻むのもアイデア的には面白いのですが、本当にこの人が公開したときは一体どうするのでしょうか? 指は全部で10本です ほんとうにこの入れ墨は冗談のようです。指を10本使わず8本しか使っていないため、メッセージの文字数が足りていません。なぜこうなったか解りませんが、あえてなのか、思いがけずのことなのか、この入れ墨を見た人は混乱してしまうでしょう。 後頭部のハリーポッター 後頭部にハリーポッターのキャラクターの入れ墨を入れるのはすごいアイデアだとおもいます。前から見て後ろから見ると、違った二人が存在します。スキンヘッドのこの人はよっぽどハリーポッターが好きでこのキャラクターになりたかったに違いありません。髪が伸びると見えなくなるので、ある意味便利でナイスなアイディアですね。 顔入れ墨は必要か マイク・タイソンは世界中に知られている有名ボクサーです。彼は性格的にエキセントリックな傾向があります。顔に入れられた入れ墨はとっても目立ちますが、すでに有名なのでこの入れ墨はなくてもよいのではないでしょうか? 椅子の入れ墨 刺激を求めて入れ墨を入れるのは決して悪いことではありません。しかしながら、なぜ椅子の入れ墨を入れる必要があったのでしょうか?この人の心理を説明するのはとても難しいことだと思います。 ファストフードへの情熱 たまにファストフードを食べることは悪くはありません。しかし、ファストフート命となりすぎ、ファストフードに対してレベルが突き進むと決して体によくはないでしょう。毎日チーズバーガーだけを食べるなんて考えられませんが、体に刻まれているとある意味安心するのかもしれないですね。ハンバーガーとパラダイスの組み合わせは、とてもおもしろいと思います。 過去に入れた入れ墨 この入れ墨を背中全体に入れたこの人は、以前の入れ墨に事をあまり考慮せずに気の向くまま新しい入れ墨を加えていったように思えて仕方がありません。新しい入れ墨を入れる時、以前に入れた入れ墨と合うデザインを選ぶべきだと思いませんか?一貫性に欠けていると思います。 おでこの入れ墨…

こんなタトゥー見たことない!

入れ墨は一度入れると通常一生取れることはありません。その時の気分だけでもしデザインを選ぶと後で後悔することにもなるのです。でも世界には様々な考えられないデザインの入れ墨を入れる人たちがたくさんいるのです。これから入れ墨を入れようと思っている方たちにはお気を付けください。この記事では後で絶対後悔してしまいそうな変わった入れ墨の数々をご紹介します。 流れ星 この女性。いくつもの星の入れ墨を入れています。なんと入れ墨を入れている時に寝てしまい、起きたらこういう顔になってしまいました。こうなったのはアーティストの責任だと彼女は言っています。飲みに行くと、そこにいる誰もが彼女をスターだということに気づくでしょう。 マクドナルドでの注文 この人がファストフードにこれだけ愛を持っていたのはすごいことです。彼の決心は称えますが、どうしてこのような入れ墨をいれたかったのでしょか?マクドナルドの店員がグループのたくさんの注文を一気に覚えるのは大変です。このノルウェーの男性はマクドナルドのレシートの入れ墨を腕に入れました。 マリリン・モンローも驚き こんなに恐ろしく怖く見えるマリリン・モンローは初めてです。この男性は、マリリンがとても好きで、彼女の面影を体に刻みたかったのでしょう。しかし、とても残念なことに、実際入った入れ墨は彼女の面影とは程遠くなってしまいました。 鼻忍者タートルズ これがフェイスペイントで、本物の入れ墨ではないことを祈っています。若者で忍者タートルズを嫌いな人はいません。しかしそれを鼻全体に入れるのはかなりの勇気が要ります。そしてどこから見てもすぐに分かる場所に堂々とこういう入れ墨を入れるのは、年を取った時困ることも多々あるかと思います。 ホモサピエンス イエスキリストや十字架に反する入れ墨を知っていますか?このイメージは、学校の授業で誰もが一回は見たことがあるものです。そんな人間の進化論を腕に刻んでしまうなんて、科学がとても好きな人に間違いありません。彼はこの入れ墨によって、自分が猿類から来たことを忘れることはないことでしょう。 これ以上の後悔はない セリフの入れ墨を大きいサイズで腕に刻んだこの人は、子の入れ墨を入れたことが後々一番の後悔になってしまう事に違いありません。諺の要点を頭に刻むのではなく、腕に刻むのもアイデア的には面白いのですが、本当にこの人が公開したときは一体どうするのでしょうか? 指は全部で10本です ほんとうにこの入れ墨は冗談のようです。指を10本使わず8本しか使っていないため、メッセージの文字数が足りていません。なぜこうなったか解りませんが、あえてなのか、思いがけずのことなのか、この入れ墨を見た人は混乱してしまうでしょう。 後頭部のハリーポッター 後頭部にハリーポッターのキャラクターの入れ墨を入れるのはすごいアイデアだとおもいます。前から見て後ろから見ると、違った二人が存在します。スキンヘッドのこの人はよっぽどハリーポッターが好きでこのキャラクターになりたかったに違いありません。髪が伸びると見えなくなるので、ある意味便利でナイスなアイディアですね。 顔入れ墨は必要か マイク・タイソンは世界中に知られている有名ボクサーです。彼は性格的にエキセントリックな傾向があります。顔に入れられた入れ墨はとっても目立ちますが、すでに有名なのでこの入れ墨はなくてもよいのではないでしょうか? 椅子の入れ墨 刺激を求めて入れ墨を入れるのは決して悪いことではありません。しかしながら、なぜ椅子の入れ墨を入れる必要があったのでしょうか?この人の心理を説明するのはとても難しいことだと思います。 ファストフードへの情熱 たまにファストフードを食べることは悪くはありません。しかし、ファストフート命となりすぎ、ファストフードに対してレベルが突き進むと決して体によくはないでしょう。毎日チーズバーガーだけを食べるなんて考えられませんが、体に刻まれているとある意味安心するのかもしれないですね。ハンバーガーとパラダイスの組み合わせは、とてもおもしろいと思います。 過去に入れた入れ墨 この入れ墨を背中全体に入れたこの人は、以前の入れ墨に事をあまり考慮せずに気の向くまま新しい入れ墨を加えていったように思えて仕方がありません。新しい入れ墨を入れる時、以前に入れた入れ墨と合うデザインを選ぶべきだと思いませんか?一貫性に欠けていると思います。 おでこの入れ墨…